白色申告なら10万円以上の経費に注意!!領収書の保管にも注意しよう!!


10万円のパソコンを購入した時の処理

パソコンは家電の一つですが、ビジネスに使うときもあります。個人事業であれば経営管理や会計データを入力するために購入するときもあるでしょう。家庭用だともちろん経費にはなりませんが、事業に使うのであれば経費として計上できます。少しでも計上できるならと10万円のパソコンを購入した年度に計上したところ、白色申告においては不可能でした。元々10万円以上の備品は減価償却が必要ですが、青色申告であれば30万円以上出なければ減価償却の必要がなくなります。この年に利益がそれなりに出ていたのであれば、経費に計上できる額が多ければその分税金を減らせます。利益があまり多くないのであれば大きな違いは出ませんが、変動が多い時は青色申告も検討した方が良いかもしれません。

何でも経費として処理すればいいわけではない

青色申告では、複式簿記の手続きを取る必要があります。経費に関する書類などもきちんと添付する必要があるので、私用で使った経費や生活費で使った経費などを計上しようとするとすぐに分かってしまいます。では白色申告の時はどうなるかですが、こちらは領収書の添付は必ずしも必要とされていません。省略しても良いとなっているので、多くの人はそのまま申告書だけを出しているでしょう。それならかかっていない経費も計上しようと考えるかもしれません。一応申告自体は通されても、その後に税務調査が行われるかもしれません。その時に保存してある書類の確認があります。もし経費の計上を証明する書類が無ければ経費に落とせなくなるので、追徴課税される可能性が出てきます。

白色申告は個人事業を営んでいる人が確定申告時に、その年の所得等を申告する方法の一つです。それに対し、青色申告は複式簿記の知識を必要とするため、申告は高度な知識が必要となる。