倉庫はいろんな使い方があります。こんな風に使ってみては?


在庫が増えている時はレンタルコンテナ型倉庫で対応

繁忙期など一時的に会社の資産の在庫が膨らむときなどはレンタル倉庫やレンタルコンテナなどレンタルで倉庫を借りる必要がありますね。例えば、店舗を新規でオープンする時や、特別セールを実施する時など、売り上げを確保する為に、一時的に在庫が増えてしまうときなどは倉庫をレンタルする必要があります。一時的なのは、閑散期などに倉庫があると無駄にコストが高くなってしまうからです。大型の商業施設であれば、商品をストックするスペースは店舗外の使用していないスペースなど確保できるかもしれませんが、小型の店舗や単独店舗ではやはりレンタル倉庫は必要になりますね。トランクルームは1ヶ月単位で借りることができるようです。また、時期によって倉庫が不足している時期もあるようなので、事前に担当者と確認する必要もありますが効率的に運用する事が大事です。

思い出の品を保管する設備としての倉庫レンタル。

引っ越しが多かったり、自宅が手狭になったりした場合など、お子さんの子供の頃の作品や表彰状、家族の写真などの思い出の品を置くスペースが自宅になくなってしまったということはありませんか。自分だけの、又、家族だけの思い出の品ということもあり、捨てるに捨てられない。どこかに保管しておきたい。だけども保管スペースがない。そんな時にも家族の思い出スペースとして、レンタル倉庫を借りるという選択肢もあります。費用はかかってしまうかもしれませんが、値段よりも思い出が大事だと思っている方にとっては、こういう選択肢もあるでしょう。

3PLとは、物流業務を長期間専門事業者に委託するアウトソーシングサービスです。物流システムの構築などをこのような企業に任せることで物流体制の見直し、業務の効率アップを図る企業が増加しつつあります。