適正検査について解説!どのような種類があるの?


適正検査は何のために行うのか

皆さんは就職試験で適性検査を受けた経験はありますか。適性検査は自分がどのような人物かわかりやすくするという効果があります。これは度逆に言えば自分がどのような人物なのか誰が見ても分かりやすいことで学科試験や面接、学歴や履歴書には図れない求職者の能力を知ることができるため就職試験で適正検査がよく行われるのです。

適正検査ごとに何が違うのか主な検査方式を紹介!

ただし、就職活動を経験したみなさんは適性検査は複数の種類があることを知っていると思います。では、適性検査ごとにどのような違いがあるのでしょうか。

適正検査は答える種類の違いによって異なってきます。例えば一般的によく使われているSPI検査では言語、非言語、性格適正の検査が行われるのに対し、玉手箱と呼ばれる適正検査では言語、英語、計数、性格検査の4種の検査が行われます。

また、クレペリン検査では数学の問題のみで適正検査を行います。この検査は「全体的な処理能力」「1分間あたりの作業量」「作業の正確さ」という仕事において重要な能力を図ることができます。

他にもコンピューターに関連する職を志望する場合に課されるCABと呼ばれる適性検査や主に新卒者向けに用いられるGABと呼ばれる適性検査があります。

受けるであろう適正検査を予想しておこう

適正検査は就職する際に非常に重要な指標となると同時に職種や企業によって行われる適性検査も異なります。そのためあらかじめどのような適正検査が行われる可能性が高いか予測して対策を立てておくようにしましょう。

適性検査で行われる一般的な項目としては、能力検査と性格検査があります。前者が職務を遂行する上での基礎的な能力を測り、後者が質問を通してどのような仕事に向いているのかを測る検査です。