昔の手法はもう通用しない?SEOはどのように進化して形を変えてきたのか


キーワードをたくさん書くのではなく自然な形で含める

SEOは年々進化しているといわれますが、具体的にどのように変わってきているのでしょうか。まず、昔は特定のキーワードをホームページ内にたくさん書くほど、そのキーワードでの検索順位が上がるといわれていました。そのため、キーワードだけを何百、何千と書いた文章をコンテンツの一番下に置いて、文字色と背景色を同一にすることで人間には見えないようにし、検索エンジンのロボットだけに見せるというSEOが行われていたのですが、スパムと判断されるようになりました。

次に、特定キーワードはタイトルや見出しなど、重要度の高い場所で多く使うと順位が上がるという風に変わり、現在は見出しや本文中などに適度な数をバランスよく配置するという風に変化しています。

つまり、昔はかなり極端な文章の方が検索エンジンに評価されていたけど、現在は人間が自然に書いた文章の方が評価されるようになってきたので、SEOもそういう方向にシフトしているということです。

テーマが共通しているサイトのリンクが有効に

また、昔は外部サイトからたくさんリンクされているほど検索順位が上がるといわれ、SEO業者は自社で数百、数千のサイトを運営し、そこから顧客のサイトにリンクを張るというSEOを行っていましたが、この手法も現在は変わっています。まず、検索エンジンからの評価が低いサイトからリンクを張っても意味がないということになり、現在は、リンクをされるサイトとリンクをするサイトは、内容に関連性があった方がいいということで、SEO業者はいろいろなテーマのサイトを運営して、そこからリンクを張るようになっています。

ホームページ作成とSEO対策は、SEO対策の仕方を知ってしまえば、誰でも対策する事が出来て更に無料です。