チャレンジ精神をかきたてる電気製品の自作


電気製品が壊れた時…

仕事をしたり遊びをしたり、私たちの生活は時間によって区切られていて、仕事なり遊びなりの時間を効率的にしてくれるのが電気製品でもあります。今や電気製品を当たり前に使う時代ですから、電気製品の便利さを身にしみる機会も少なくなっています。しかし電気製品が壊れてしまった時などは、それらがどれだけありがたいものなのか思い知る人は多いはずです。

ものづくりの原点は探究心

電気製品のありがたみが分かりづらい時代ではあるものの、更なる上を目指す探究心は決してなくなりはしません。電気製品の自作を行う人が増えているのは現状を維持するのではなく、さらに使いやすく便利にしようとする人の試みがあるからです。そしてどんなに進化した時代になったとしても、ものづくりへの挑戦と完成した時の喜びは消えることがないでしょう。洗濯機や冷蔵庫は家電を代表する製品であり、これらの製品の自作やオリジナル化を目指す人は非常に多くいます。

特別な知識などいらない

扇風機と換気扇って何か似てると思いませんか。それもそのはず、この二つの製品の構造は全く同じ仕組みになっています。風を送り出すか、吸い上げるかの違いです。掃除機は吸い込む力にフィルターを付けただけですし、家電製品の多くはモーターの回転軸にアタッチメントを取り付けているようなものです。こうして考えるとモーターの回転だけで何か作れそうな気がしてきます。回転するシャフトの先にブラシをつければ、新しいタイプのクリーナーができるかもしれません。こうした発想で考えていくと電気製品の自作というは、決して不可能ではないし恐らく誰しもひらめきさえあれば、オリジナルの電気製品作りにチャレンジすることができるはずです。

プリント基板設計は、電子機器に不可欠なプリント基板に電子回路を設計をする事です。回路構成部品の電気的接続が主目的で、リード線配線より低費用です。基盤を一度作ると、同じ電子回路を迅速に同品質で作れます。