勤務管理が大変!タイムカードアプリを導入すれば簡単になります!


タイムカードアプリは便利です!

タイムカードの導入をしたいけど、費用がかかるし処理が大変だなと感じた時、タイムカードアプリというものが役に立つかもしれません。少人数の会社では高い機械を買うのも悩ましいし、人数の多い会社では各個人のタイムカードを処理するのが大変です。そこで、気軽に導入できるのがこのタイムカードアプリです。

勤務管理が楽になります

タイムカードの処理をするときにまず大変なのが打刻忘れです。打刻忘れをした職員が本当に会社に時間通りに出勤したのかといった証拠を探すのは大変です。しかしタイムカードアプリを使えば、打刻忘れの心配はありません。例えば、玄関に設置された機械の目の前をスマホを持って通るだけで自動的に登録されるものもありますし、打刻忘れの職員に通知が送られるものもあります。

また、紙ベースのタイムカードだと、月末に全員のタイムカードの処理が必要になります。しかしタイムカードアプリを使えばそのような手間を省くことができます。自動で全員のタイムカードを集計できますし、アプリによっては給与計算を行なったり、出勤時間などの統計を取ることができます。

アプリで打刻するとなれば、家で打刻するのではないかと不安になる方もいるかもしれません。しかしそのような不正も防ぐことができます。打刻をする際に位置情報の送信を必須にすれば、会社の中でなければ打刻ができません。

またシフト勤務の方は、タイムカードの打刻時間などに加えて、シフトを確認することができます。従って、シフト表を配布したり持ち歩いたりせずとも、このアプリのみで管理をすることも可能です。

タイムレコーダー アプリはコンピューターで制御しているので時刻のずれや不正入力を防ぐことが出来ます。また、被雇用者の勤怠データを効率的に管理出来るのも大きなメリットです。