知っているようで知らない?青色申告する理由とは


青色申告特別控除で税金を安くしよう

サラリーマンは毎年の税金の計算を年末調整で行っていますが、個人事業主として仕事をすると、確定申告が必要となります。確定申告とは、1年間の収入金額と必要経費を集計し、その金額に基づいた所得税を計算するという制度です。青色申告を行っていると、必要経費とは別に最高65万円の特別控除が認められます。65万円の控除が認められると、数十万円単位で税額が減少する人もいます。そのため、青色申告をすることには大きなメリットがあるのです。

その他青色申告をするメリット

他にも、青色申告をしているといくつかのメリットがあります。まず、青色事業専従者給与という経費が認められることです。生計を一にしている親族に対して支払った給与について、必要経費とすることが認められます。家族で事業を行っている人や、奥さんに経理を任せているというような場合に、節税できる方法の一つです。また、仮に赤字になった場合に純損失を繰り越すことができます。1年目が赤字、2年目が黒字となった場合に、2年目の利益から1年目の赤字を差し引いて計算するため、税額は安くなります。

青色申告のために必要な要件とは

これだけメリットがあるのであれば、誰もが青色申告をしたいと考えるでしょう。ところが、青色申告するためにはいくつかの要件があるためそれらを満たさなければなりません。正規の簿記の原則と呼ばれる複式簿記により帳簿を作成しなければなりません。また、一定の帳簿や書類は保存が義務付けられます。簡単な簿記の知識は必要となるので、青色申告を検討する際には専門家に頼むというのも選択肢の一つです。

確定申告には大まかに二種類あり、その一つが青色申告と呼ばれています。特徴としては、年間のお金の出入りをきっちりと提出しなくてはいけませんが、65万の基礎控除があることです。